<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - | - |
イギリスに行ってきました〜 中編 
ちょっと時間が空いてしまったけど、イギリス旅行の続きを書きます。
前回の記事は、こちらから。 ヨークまでのことを書きました。

ヨークの次の目的地はノッティンガムです。
ロビンフッドゆかりの地ということで、街のシンボルのノッティンガム城には、こんな可愛らしい作品も。。



ノッティンガムの街は商業都市らしく、観光地としてはそんなに見るところなかったんだけど、
有名な大学があるみたいで若者が多い印象でした。

ノッティンガムの後は、ピータバラケンブリッジに行きました。

実は、このイギリス旅行の目的の一つは、ずっと尊敬しているDJに会うことでした。
DJといっも、independentでやっているpodcastのDJで、わたしが数年前にメールを送ったことがきっかけでネット上での交流が始まり、いつかお会いしたいな〜と思っていたんです。


今回わたしがイギリス旅行をするにあたり、
そのDJと奥さんがピータバラのおうちに私を招待していただき、そこに2日間泊まらせてもらいました。

ピータバラの駅で待ち合わせ、クリスとポリーに挨拶をしてから、この街のシンボルである、「ピータバラ大聖堂」へ。



この写真ではなかなか伝わらないのですが、とにかく巨大な大聖堂。
初期イギリスゴシック様式のファザートが有名です。

この大聖堂を見てから、ピータバラの駅から1時間弱車を走らせたところにあるクリスとポリーのおうち。
(この日は事故渋滞があって、2時間くらいかかった!!)

クリスの趣味の一つは、カクテルを作ることらしく、ポリーと一緒に数あるたくさんのレシピから迷ってカクテルを作ってもらいました。 

バーくりす、にて。



その後、近くにあるインド料理のお店でお腹いっぱいご飯を食べて、その晩はとても遅くなって、
帰宅後泥のように寝ました。

翌日は朝ごはんを頂いてから、「オックスバラ ホール」に車で連れてってもらいました。

ここは15世紀ごろに建てられた中世貴族のお屋敷(マナーハウス)だそうで、なんと今でも人が住んでいるそうです。
もちろん人が住んでいるお部屋には入れませんが、それ以外の部屋は過去の内装を再現して公開されていて、
当時の貴族の生活を感じることができて、とても興味深かったです。




こんなんもやってた!


Oxburugh Hallの外観。この日は写真の通りの秋晴れ、とても気持ちがよかったです。


ここは車がないとなかなか訪れるのが難しいので、今回クリスたちに連れてってもらうことができて嬉しかった。
地球の歩き方にも載ってなくて、イギリス好きの日本人にですらポピュラーとは言えない観光地ですが、
車を借りてでも行く価値はあるおすすめの場所です。
http://www.nationaltrust.org.uk/oxburgh-hall/

お昼ごはんを食べてなかったので、Sainsberyでお買い物してから、ポリーにイギリスの伝統料理を作ってもらいました。
(ちなみにポリーはイギリス人、クリスはアメリカ生まれでイギリス20年目。)



特にマッシュポテトが美味しかった〜。

次の日。

お昼前に車でイーリー大聖堂へ。
この大聖堂もイギリス大聖堂の中で、ダラム、ピータバラと同じく有名。

とても大きくて遠くからもよく目立ちます。



太陽の光が窓のステンドグラスを通して、こんな風に反射するの。すごくきれい。


イーリー大聖堂を後にして、ケンブリッジへ。
ケンブリッジは、日曜日ということもあってか、すごい人。。。ザ・観光地やね。
中心まで車で入ったので、駐車スペースを見つけるのに時間がかかりました。

ランチをしてから1時間ほど中心地をお散歩。
やっぱり川があると落ち着くね〜。



夕方、お世話になったクリス夫婦に駅でお別れをして、最終目的地のロンドンに行きました。
今回この二人と過ごした時間は、イギリスの田舎を知る貴重な体験となりました。
音楽の話はあんまりしなかったけど、お互いの文化のことをお話して、とても面白かった。

英語力と会話力がもっとあったらよかったな、今度会うときには日本料理でおもてなしもしたいな。
次会えるのを本当に楽しみにしています。(できれば来年のIndie Track Festivalに来たいと思っている。)

Christopher Laid のRadionowhere は↓で聞けます。
Eclectic ! Eccentric ! It's Radionowhere !! Check it out ! 
http://radionowhere.org
(前回放送、ちょっとだけ自分の声が入ってる。。。恥ずかしい。)

その後、ロンドンへ!



ロンドンも一緒に書くつもりだったけど、今回意外に長くなったので、また次に書きます。
 
| 20:27 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| | - | - | - |









 
この記事のトラックバックURL

http://alittlehope.jugem.jp/trackback/520